シトラスラインについて少しお話しさせてください。

★「Citrus-Lineの代表者は?」
清家修造(せいけしゅうぞう)と申します。「宇和島のジャム職人」と呼んでください(笑)
★「いつできましたか?」

2020年6月11日

★「名前の由来は?」

宇和島産のおいしい柑橘類を中心に、生産者・製造者・消費者・関係者など、人と人が笑顔でつながっていき、地域の活性化になるよう願いを込めて「シトラスライン」という名前になりました。

★「キャッチフレーズはあるの?」

「柑橘がつなぐ 地域の愛顔(えがお)!」・・・・・愛媛産には愛があるということで笑顔の笑は愛としました。

★「何をしているの?」

宇和島市内で採れた農産品を使ってマーマレードやジャムを作ります。手づくりなので、たくさんは作れませんが、ひとつひとつ丁寧に無添加で作っています。みなさまが「おいしい」と笑顔になるように頑張ります。

★「作っている人の経歴は?」

愛媛県の宇和島市生まれ。東京の大学を卒業してアクセサリーのプロダクトデザイナーをしてましたが、Uターンしてパチンコ屋さんで接客業をしたのち、地方公務員として宇和島市役所で26年働いていてました。柑橘や真珠、魚類養殖そして歴史で有名なこの宇和島で主に観光の分野を担当してきましたが、そんな中でマーマレードの魅力にとりつかれ、早期退職をして現在に至ります。フランスやアメリカで少しだけ製法の勉強をするなど、割といろんな経験をしています(笑)。

★「免許とか資格は?」

・普通、大型自動車運転、小型船舶、アマチュア無線、食品衛生責任者、防火管理者 等々・・・これは履歴書なんかに記入するものですね(笑)

・ドライフルーツ製法インストラクター

・ドライフルーツセレクター

・ダルメイン世界マーマレードアワード2019年(日本)で「銀賞」と「銅賞」を受賞

・ダルメイン世界マーマレードアワード2020年(英国)で「銅賞」を受賞

あと少し、もう一歩だと思います。「金賞(世界一)」めざして、おいしいと笑顔になるマーマレードを作れるよう頑張りまーす!みなさま応援してください。<(_ _)>

1916(大正5)年、愛媛県(現宇和島市吉田町)の食品加工業を営む実業家・朝家万太郎氏が、日本で初めてマーマレードを製造したという記録が残っているそうです。